プチ整形で理想の輪郭

看護師

メスを使わず安全性が高い

従来の美容整形において、小顔にするにはメスを使った大掛かりな手術が必要でした。しかし、ボトックス注射はメスを使わず、注射一つで理想の小顔になれるのが特徴です。ボトックス注射は、主にしわの治療に使用されていますが、筋肉を収縮させる働きもあるため、エラの張りを抑えてキュッと引き締まった輪郭になります。ダウンタイムも短く、施術を受けた当日から洗顔をしたり、メイクをすることも可能です。仕事を休む必要もなく、普段通りの生活が行えます。また、ボトックス注射による小顔施術は、徐々に効果が現れるのが特徴で、美容整形をしたことを気付かれにくいのも特徴にあげられます。施術をして2週間ぐらいでだんだん目に見えた効果が現れ始め、3ヶ月をピークに元の状態に戻っていきます。継続して効果を持続するには定期的に施術を受ける必要がありますが、続けるほどに効果の持続時間も長くなり、6回から9回の施術で半永久的な小顔効果が得られると言われています。自然なプロセスなので、周囲にはいつの間にか小顔になっていたという印象を与えるでしょう。注射一つで理想の小顔になれるボトックスですが、施術を受ける際にいくつか気をつけなければいけないことがあります。まず、一番大切なのはクリニック選びで、ボトックス専門医が在籍するクリニックをおすすめします。なぜなら、ボトックスの仕上がりは医師の力量に大きく左右されるため、良いクリニックを選ばないと施術部位に内出血を起こすこともあります。もちろん、内出血は時間が経てば治りますが、しないに越したことはありません。そして、施術後は体を温めたり、マッサージしないよう気をつけましょう。ボトックス製剤は温まると効果が薄れるという特質があるため、湯船にゆっくり浸かったり、運動や飲酒で体温をあげるのは禁物です。マッサージも、せっかく適所に注入したボトックス製剤を拡散してしまい、小顔効果が薄れる恐れがあります。施術を受けた当日は、飲酒や運動を控え、お風呂もサッとシャワーを浴びるだけにするのが賢明です。何もせず、安静に過ごすのがベストな過ごし方と言えるでしょう。

Copyright© 2018 ボトックス小顔施術に挑戦するメリット【筋肉の動きを抑制する】 All Rights Reserved.