大きく3つの種類に分類

顔に触れる女性

注入型は費用も安め

小顔にする美容整形はたくさんありますが、注入型、糸による施術、外科手術と大きく3つの種類に分けられます。注入型は、ボトックス注射や脂肪溶解注射などでメスを使わない施術が特徴です。ボトックス注射は筋肉性のエラ、脂肪溶解注射は脂肪が原因で顔が大きく見える場合に効果の高い施術となります。ボトックス注射の効果の持続期間は3ヶ月から半年、脂肪溶解注射は太らなければ半永久的な効果が得られます。糸による施術は、皮膚の中に医療用の糸を挿入してたるみを引き上げ、小顔へと導いてくれる施術法です。加齢による皮膚のたるみが原因で顔が大きく見える場合に効果を発揮します。メスで切開する必要もなく、ダウンタイムも2週間から1ヶ月と短めです。効果の持続期間は、3年から5年となります。外科手術は、顎の骨や頬骨を切開して骨格自体を小さくする手術で、半永久的な効果が得られるもののダウンタイムは長くなります。また、メスを使うので傷跡も少し残りますが、ヘアスタイルでカバーすることは可能です。小顔施術にかかる費用はボトックス注射は5万円から10万円、脂肪溶解注射は3万円から10万円が相場です。ボトックス注射は自然な小顔になれると評判が高く、脂肪溶解注射は数回施術を受けると理想の輪郭になれるとの意見が多くあがっています。美容施術に抵抗のある人も気軽に受けられる施術で、最も支持の高い施術方法です。糸による施術にかかる費用の相場は、25万円から35万円が相場となっています。糸による施術は、即効性があり効果がすぐにわかると好評です。また、肌の引き締めやシワの改善ができるとの声もあがっています。施術時間も20分から30分と、短時間で完了するのも魅力となっています。外科手術の費用の相場は、80万円から100万円です。外科手術の評判は、骨格自体を変えられるので理想の小顔になれるとの意見が多くあがっています。ただ、骨を切るという大掛かりな手術であるため、ダウンタイムは約3ヶ月と長い時間がかかるので、長期的な休暇を取れる人でないと受けられない施術です。

Copyright© 2018 ボトックス小顔施術に挑戦するメリット【筋肉の動きを抑制する】 All Rights Reserved.